ハローワークは障害者の就職を手厚くサポートします!おすすめのトライアル雇用

MENU

ハローワーク

ハローワークは就職を希望する人と企業を繋げる最後の砦だと言われています。
障害者にとってもそれは同じで、国が支援するハローワークは非常に心強い味方になるでしょう。

 

ハローワークは正式名称を公共職業安定所と言い、各都道府県に複数設置されています。
仕事を見つけるだけでなく、雇用保険の手続きや助成金の支給のサポートも行ってもらえます。
知らないと損してしまう仕組みになっているため、ハローワークの助けは頼もしい限りです。

 

こうしたハローワークの取り組みの中には、障害者の就職を支援するものも含まれています。
どのようなサポートを受けられるのか、具体的な内容について見てみたいと思います。

 

障害者向けのサポート

ハローワークでは障害者専用のサポートを行っています。
最初に注目したいのが、専門の職員による相談窓口があることです。
障害者の人が働くためにどんな準備や心構えが必要なのか、企業との付き合い方をアドバイスしてもらえるでしょう。

 

ハローワークで就職先の相談をする人々

 

就職するのがゴールではなく、その後も働き続けられるようにしなければなりません。
そうした人生のサポートを行ってくれるのがハローワークの相談窓口です。
いきなり就職先を探すのも良いですが、こうしたアドバイスを貰ってじっくり考えてみるのも良いでしょう。

 

障害者に限定した求人の紹介や就業訓練を受けることも可能なので、積極的に検討してみると良いです。
ハローワークでは障害者個人の個性に合うきめ細かいアドバイスを行っています。
様々な企業を実際に訪問してくれたりしますし、面接へ同行してくれたりするサービスもあります。

 

特に利用したいのが障害者の就職面接会です。
こうした面接会には多数の企業が集まってきており、企業の声を聞くには最適な機会となります。
障害者の人がどのように活躍できるのか、どのようなサポートを期待できるのか、お互いの理解を深めるチャンスでしょう。
どんな支援が受けられるかハローワークで説明を聞くことから始めてみてください。

 

トライアル雇用で働くことに慣れる

就職に失敗してしまったり、解雇されてしまったりする状況があるかもしれません。
しかし、そこで諦めてしまうのは非常にもったいないのです。
少しでも活躍できるように努力する人を、ハローワークは応援してくれます。

 

そこでおすすめなのがトライアル雇用です。

 

企業側もいきなり障害者を雇用するのは躊躇ってしまう傾向があります。
業務に支障が出ないか、十分なサポートが行えるか、そうした疑問は実際に働くまで分かりません。
ですが、分からないものを考えているばかりではお互いに損をします。
トライアル雇用であれば短期間の契約なので雇用のハードルは一気に下がるでしょう。
短期間でも働くチャンスがあれば、仮に解雇されても大きなメリットを得られます。

 

仕事するためのハードルや障害、そしてやりがいを感じるためにも利用してみましょう。